ドラッグストアでポテチ売ろうと思ったら!

ドラッグストアでポテチ売りたいな、と思ったことから始まった数奇な人生をブログにする。自分の失敗をシェアしよう!

高校の数学がヤバいんだけど薬学部行って大丈夫?【疑問に答えるシリーズ第4回】

このシリーズについて

 僕や親が薬学部に進学する前に疑問に思った事や、ちょっとだけ不安になった事が少なからずあったので、それに答えてみようと思います。これから薬学部に進学しようと思っている人はもちろん、在学している方の参考になればと思います。

 

 

本文 

 第4回は高校の数学が苦手な薬学志望生必見「高校の数学がヤバいんだけど薬学部に行っても大丈夫?」という疑問にズバリ答えようと思います。

 

 薬学部に行く前、母親から「あなた数学は大丈夫なの?」って聞かれました。

 

その時僕は「まぁね」ってな感じで得意げに答えました。

 

僕は高校の数学は苦手ではなかったですが、数字だけいじってて何が楽しいのだろうと常に思っていたのであまり勉強しませんでした。数学3Cはほぼ勉強しなかったので、高校では平均点以下しか取れませんでした。

 

今、僕が高校生だったら数学は絶対勉強するんですけどねぇ笑。

 

 

さてさて、今回の疑問の答えはズバリ、

 

高校数学に比べて範囲がとても狭いので、コツさえ掴めば大丈夫!です。

 

 では、具体的にどう大丈夫なのか書いて行こうと思います。

 

 1、数学の単位は大学1年だけ

 大学のカリキュラムにもよりますが、薬学は専門科目がとても多いので数学などの基礎科目は大学1年で終わると思います。僕の大学では1年前期で数学1(二次関数)の基礎的な内容、後期には数3(微積分)のこれまた超基礎の基礎をやったような気がします。確かにやったと思うけど、何やったかな?っていうくらいに印象が薄い笑。数学の授業は他の科目に比べれば息抜きみたいなものでした。

 

2、数学を一番使う薬剤学

 薬剤学は、体内で薬物がどのように吸収され、代謝、排出されるか、薬物の剤型の特徴などを学ぶ学問になります。薬理学に次いでザ薬学部な分野ですね。人によって好き嫌いがハッキリ別れる科目です。どちらかといえば嫌い派が多い印象ですね(数学を使うから)。僕は嫌いでした(数学ではなくて先生が苦手でした苦笑)。

 

薬剤学では、薬物の血中濃度の計算に高校数学2に登場した対数(log)を使います。対数の基本さえ理解していればそれほどキツい計算は出てきません。

 

とはいえ、薬剤学が要チェックの科目であることは間違いありません。なぜなら近年、病院薬剤師は薬物治療モニタリング(TDM)という重要な業務を行う必要があるためです。TDMというのは、患者さんの薬物の血中濃度から最適な投与量を決めるもので、国家試験ではTDM関連の計算問題が必ず出るのではないかと思います(出なかったらゴメンね。)

 

あ、因みに実際の薬剤師さんはいちいち計算なんかせずに、TDMのソフトウェアに必要な情報を入力するだけなので心配する必要はない(間違ってたらごめんなさい、修正します)。

 

えー、薬剤学やばーい!

 

と思った方、安心してください。

実は薬剤学は分野全体でみると暗記が多いのです。

体感ですが暗記7割、数学1割、化学2割といった具合でしょうか。

薬剤学で扱う化学は反応速度や濃度計算などが含まれます。

 

僕は薬剤学の先生が苦手だったので、あまり真面目に勉強しなかったらやっぱり国家試験で点数が低かったです。ぜひ、みなさんは先生が好きとか嫌いとか関係なしに勉強に取り組んで下さいね。

 

ワンポイントアドバイス

 テストで絶対に出る計算問題のパターンが必ずあるので、授業ノートや過去問などでしっかり対策すると良いでしょう。すごく複雑な応用問題が1問解けなかったからと言って、単位を落としたり国試に落ちるということはないので、実はあまり心配する必要がなかったりします。

 

国家試験で最も重要なのは、みんな出来るところをちゃんと出来るようにすることです。

 

 

 

3、数式は意外と使う

 数学というよりかは、高校の化学に近い感じですが、数式・計算は薬学部でちょくちょく出てきます。例えば溶液の酸性度pKaを求めたり、溶質の濃度とか、化学反応が進む速度など、基礎化学、分析化学、物理化学など名前を変えて大学1〜3年の間、途切れることなく数式を扱う科目があると思います。なので数学というか、数字を扱うものは全部苦手だ!という方は、やはり薬学部で苦戦必至でしょう。物理化学は単位落とす人がそれなりにいる科目なので、しっかり授業を聞いて復習しておくと試験前に焦らないで済みます。

 

とはいえ、これらの数式は分野としては数学というより化学だと思うので、今回の疑問の答えは大丈夫とさせていただきます。

 

 

 

 まとめ

高校の数学が苦手な人は、薬学部では多少苦戦する科目があるかもしれませんが、基礎さえ頑張って理解すれば単位、国家試験ともに問題ないでしょう。高校数学とは関係ないですが、数式は結構使います。受験とか終わって薬学で役立つこと勉強しておきたい!って方は、対数の復習をしておいて損はないですね。

 

薬学で扱う数学はコツさえ掴めば大丈夫!ということで、今回は終わりにします。

 

 

第5回に続く?

 

当ブログでは〇〇だけど薬学部行って大丈夫?のネタを募集したいと思います。ぜひ、疑問に思うことがあればコメント欄に書いて下さいね。(もちろん薬学以外の疑問でも大歓迎です。)