ドラッグストアでポテチ売ろうと思ったら!

ドラッグストアでポテチ売りたいな、と思ったことから始まった数奇な人生をブログにする。自分の失敗をシェアしよう!

偏差値だけじゃない、良い大学の見極めかた【進路のはなし、第4回】

 高校生の皆さん、偏差値だけで大学を選んでいませんか?キャンパスの綺麗さやホームページの綺麗さで大学を選ぼうとしていませんか?今回は高校の先生が教えてくれない、良い大学の見極めかたを紹介します。

 

 「良い大学」と言っても、就職に強いとか、楽に卒業ができるとか、人によって変わると思いますが、僕が紹介する良い大学っていうのは、しっかり研究をしている大学とします。しっかり研究している大学がなぜ、良い大学かというと、 

 

「しっかり研究をしている」=「先生がその分野に熱い」=「しっかり専門知識を持った学生が研究室に欲しい」=「専門科目をしっかり教育してくれる」もしくは「専門科目を学習する環境が整っている」からなんです。

 

悲しいことに、やる気がない(研究に力を入れていないだけ?笑)先生は、学生が大学で学ぶべき専門知識を身につけてなくてもどうでも良いので放任なんですよね。せっかく大学に来たのに専門教育を放任って、そんなのが良い大学なわけないですよね!

 

さて、ではどうやってしっかり研究している大学を見極めるのでしょうか?普通の高校生にとっては研究ってよくわからないと思うんですけど、実は超簡単に見極められるんです。僕は出身が薬学と理学部化学なので、そっち方面ではかなり当てはまると思います。

 

1、大学のホームページに教員、教室、研究室紹介(もしくはそれに該当する)の項目がある

 

2、教員が個別に自分の研究室のホームページを持っている

 

3、研究室のホームページがきちんと更新されている。(少なくとも今年度の研究室のメンバーが分かる)

 

これだけです。

 

ね、簡単でしょ?一つの大学でもホームページを持っている先生と、持ってない先生がいたりします。ホームページを持っている先生が多い大学は絶対にしっかり研究している大学です。そして、熱く専門科目を教えてくれることでしょう。暑すぎて学生が嫌になるのは少々問題ですが。

 

僕の母校、徳島文理大学薬学部は、大学の偏差値は低くとも、教員がしっかり個別のホームページを持っていて、更新していることが分かります。ここでしっかりと専門科目を学んだから、今、オックスフォード大学の研究員になれたと思うと、なるほど「しっかり研究している大学」は「良い大学」だなって思うでしょ。

 

 

 

第5回に続く。

 

tbukuuox.hatenablog.com

第3回

最低の成績から私立薬学部を目指して勉強した話【伊予柑の進路相談シリーズ第3回】 #失敗談 - ドラッグストアでポテチ売ろうと思ったら!